洗顔石鹸は洗浄力だけで選ばない方が良い

洗顔石鹸を使っている場合、洗顔の時の汚れの落ち方に期待している人も多いでしょうが、保湿性などに期待している場合もあるのです。

ただ、洗浄力に期待しているとしても、強すぎる洗浄力には注意した方が良いのです。強ければ汚れは落ちやすくなりますが、その強さが肌に対してダメージを与えてしまうこともあるのです。

もちろん普通に利用している分には、問題になるほどのダメージが出ることもないでしょう。
ですが、水できちんと泡を洗い流せたと思っていても、流し忘れがあった場合には肌に付いている時間が長くなってしまうのです。

そうなるとそこの部分に、必要以上の刺激が与えられる場合があり、それが肌に対するダメージになってしまう場合もあるのです。

皮脂分泌が多い場合にはオイリー肌になってきますが、それを全て落とそうと思うと洗浄力が強いものを使いたくなります。

ですが、洗浄力が強いものでしっかりと皮脂を落とそうと思っていると、一緒に肌バリアまで破壊してしまう可能性もあるのです。

肌にはバリア機能がありますが、そこまで破壊してしまうと、今度は敏感肌になってしまうかもしれません。

それでは肌に関する悩みが増えてしまいますから、肌に優しい洗顔石鹸を考えて見てはどうでしょうか。

関連お薦めコンテンツ