洗顔後はしっかりとすすぐようにする

石鹸やボディーソープなど、肌に触れて使うものに関しては、弱酸性のものがいいと言われることがあります。
肌に優しいものを利用した方が良いと考えたくもなるでしょうし、石鹸で肌荒れを起こしたくはないでしょう。

ただ、肌に優しいだけで汚れがきちんと落とせない場合、ゴシゴシとこすって洗うことになるのではないでしょうか。
せっかく肌に優しい成分を使っていても、ゴシゴシとこすることで肌を傷めてしまう事も考えられるのです。

洗顔石鹸には弱アルカリ性のものもたくさんありますが、こういったものでしっかりと汚れを落とすことも考えた方が良いのです。

汚れが落とし終わったら、しっかりとすすぐことで弱アルカリ性でも気になる肌への影響が抑えられるのです。
ここすすぎ残し等があると肌を傷めることもありますから、肌荒れが起きないようにすすぎには気をつけましょう。

弱酸性の洗顔石鹸もありますし、そちらの方が洗顔後の状態が気に入っているのであれば、無理に弱アルカリ性にこだわる必要はありません。
自分の肌質に合ったものを使っていればいいので、満足出来る洗顔石鹸を使うことが重要なのです。

弱酸性の洗顔石鹸を使う場合は、油分が残りやすい事があり、それが酸化してしまう場合もあります。

それよりは弱アルカリ性の洗顔石鹸を使って、すすぎをしっかりと行った方が良いかもしれません。

関連お薦めコンテンツ